Skip to main content

中目黒消化器クリニック

世界トップレベルの完璧な無痛内視鏡検査と手術を提供します。
田淵正文院長のご挨拶
日本がん撲滅トラサイ宣言
アクセス&地図
診療科目・診療時間・予約方法
無痛拡大内視鏡消化管ドック
関連ホームページ
拡大内視鏡
無痛内視鏡
田淵正文院長の履歴
田淵正文院長の業績
田淵正文院長の業績一覧表
社会保険診療
自由診療
診療費
お問い合わせ
職員募集
メンバーのログイン
サイト マップ
自由診療制:プライベートクリニックのポイント
 
自由診療には社会保険が効かないという、費用面でのデメリット(社会保険では自己負担は3割)もありますが、以下のようなメリットもあります。
 
1.プライバシー完全秘守
2.より効果のある診療
3.任意保険の利用は可能
1.プライバシー完全秘守

社会保険医療の場合、レセプト(保険組合への請求書)には、病名と治療内容、投薬内容、手術名などすべてが記載されるため、患者は、保険者(会社・組合や自治体)に、病状のほぼすべてを知られてしまうことになります。たとえば、癌の場合
、病名には、胃癌とか大腸癌とか、食道癌とかの病名が入ります。そして、どんな手術をしたか、抗がん剤を飲まされているかどうかで、病状が深刻な状況かどうか、もう死にそうかどうかということまで、分かってしまいます。

2.より効果のある診療

昨今の社会保険では、費用を制限する流れから、学会などで効果が認められている薬や手術でも、認められていない手術・治療や薬が多数存在するようになってきています。その点、自由診療制では、個人負担はかかりますが、このような診療制限はないので、効果のある治療法を選択することが可能です。

当院で行っている社会保険外の先端的診療内容で、効果的な治療や予防のできる疾患には以下のようなものがあります。

大腸癌(投薬や注射による癌の再発予防・転移抑制治療)、
大腸腺腫(投薬による発生予防及び縮小・除去)、
胃癌(効果的とされている分子標的薬剤の投与)、
胃粘膜下腫瘍(内視鏡手術)、
慢性胃炎(ピロリ菌除去など)、

慢性小腸炎(投薬)、
潰瘍性大腸炎(投薬)、
慢性膵炎(投薬)、

肥満(投薬)、
糖尿病(投薬)、

逆流性食道炎(内視鏡による噴門部形成術)、
NERD(内視鏡的治療)

前立腺癌(HIFU)
詳しくは診察をお受けになってください。適応を考慮して状態に合わせた治療内容を説明します。
 

3.任意保険の利用は可能
大腸ポリープを内視鏡的に切除したり、胃や食道のポリープを切除した際は、手術特約もついている任意保険では、手術1件につき、5ないし10万円程度の保険金(ただし、金額は契約内容により異なりますので、契約内容をご確認ください)が支払われます。

がん保険もOKです。
 
拡大内視鏡を使って、より小さな段階でがんが見つけて、助かりながら、がん保険給付も受けられれば、大変幸運なことといえます。
助からない段階でがんが見つかって受ける給付金に比べて、ありがたさの違いは容易に想像できるのではないでしょうか。
がん保険の給付金は契約金により異なりますが、一般には数十万円から数百万円まであるようです。