Skip to main content

中目黒消化器クリニック

世界トップレベルの完璧な無痛内視鏡検査と手術を提供します。
田淵正文院長のご挨拶
日本がん撲滅トラサイ宣言
アクセス&地図
診療科目・診療時間・予約方法
無痛拡大内視鏡消化管ドック
関連ホームページ
拡大内視鏡
無痛内視鏡
田淵正文院長の履歴
田淵正文院長の業績
田淵正文院長の業績一覧表
社会保険診療
自由診療
診療費
お問い合わせ
職員募集
メンバーのログイン
サイト マップ

院長 田渕正文 Director Dr.Masafumi Tabuchi 


 履歴 
1958年6月

岡山市に生まれる 

born in OKAYAMA prefecture in Japan 

1971年3月

岡山市立弘西小学校卒業

graduated from Kousai elementary school 

1974年3月

岡山大学教育学部附属中学校卒業

graduated from Junior High School attached to 

the educational department of Okayama University

1977年3月 

岡山県立岡山芳泉高校卒業

graduated from Okayama Housen Senior High school 

1978年4月

東京大学理科Ⅲ類入学 

entered the third department of science, Tokyo University

1984年3月

東京大学医学部医学科卒業 

graduated from Department of Medicine, Tokyo University 

1984年5月

第77回医師国家試験合格

passed the 77th Japanese National Doctor Qualifying Examination

1984年6月6月   東京大学医学部附属病院内科系研修医
                  (training doctor of internal medicine, Tokyo University Hospital)  
1986年4月

国家公務員等共済組合、東京共済病院内科(常勤医)

full time doctor of internal medicine, Tokyo Kyosai Hospital

instituted by the provident society of national civil servants 

1989年4月東京共済病院内科医長
chief doctor of internal medicine, Tokyo Kyosai Hospital  
1991年5月

中目黒消化器クリニック開設
東京共済病院内科(非常勤)兼務(-1995.3)
Opened Nakameguro digestive disease clinic and became the director,

and also continued the doctor of internal medicine,

Tokyo-Kyosai Hospital until 1995

1996年5月東京女子医大(非常勤講師)兼務(-2003.4)
 part time lecturer of Tokyo Woman's Medical School until April in 2003
1997年4月

 東京大学医科学研究所講師兼務(-2002.3)
Clinical associate professor of Medical Research Institute,

Tokyo University until March in 2002

2002年4月

東京大学腫瘍外科講師(-2012.3)
 Associate professor department of tumor surgery,

 Tokyo University  until March in 2012

 
所属学会
 
日本消化器内視鏡学会会員・専門医・指導医
日本消化器病学会会員・専門医
アメリカ消化器内視鏡学会会員
アメリカ消化器病学会会員
日本内科学会会員
大腸肛門病学会会員
日本癌学会会員
日本消化管学会会員
大腸検査法学会・評議員

推薦の言葉

常岡健二先生
元日本消化器病学会会長
元日本医大学長
元日本大学名誉教授

by Kenji Tsuneoka, the former President of Japanese Gastro-intestinal Association

田渕正文君は、学生時代から消化器疾患、とくに大腸疾患に興味を持ち、開業した今も熱心に研さんを積んでいます。人柄も温和で明るく、特に、内視鏡のテクニックは絶品です。

Dr. Masafumi Tabuchi, since school-days, had an interest in G-I disease, especially colon diseases and is still working hard even after he opened his own private clinic.His personality is gentle and bright. His technique of G-I endoscope is excellent and superb in deed.

長廻紘先生
前群馬県立癌センター総長
東京女子医大教授

by Koh Nagasako, the former director of Gunma Cancer Center, professor of Tokyo Woman's Medical school

田淵正文氏は、極めてエネルギッシュに仕事をすすめています。氏は表面型腫瘍研究のパイオニアの一人であり、「癌集積家系には、平坦陥凹型腫瘍が発生しやすい。」といった極めて重要な発見をしています。また、通常観察スコープに、近接拡大効果をもたせたスコープを開発して、ルーチンで全例に拡大内視鏡観察を行い正診を得て、小さな癌や腺腫をみつけるパワーや大きな腫瘍を内視鏡的に切除するテクニックは日本屈指であります。

Dr. Masafumi Tabuchi is doing his works powerfully. He is the pioneer, who discovered flat and depressed colonic tumors and made good researches about them. He found the very important fact that "members of cancer family syndrome tend to have flat and depressed tumors in colon". He also developed the first magnifying video-endoscope in the world, which was feasible and useful in daily clinical works. In all clinical cases, he uses the updated best magnifying endoscope and gets the accurate diagnosis to find out even very small cancers, adenomas and other lesions. He is surely one of the best endoscopists in Japan.